ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 第6話ネタバレと考察&無料試し読み

更新日:

 

チンジャオ娘&小桜クマネコの「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」を、ネタバレ&考察!

 

 前回はコチラ 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

 

第6話 あらすじネタバレ&感想

 

ナナはベッドに寝そべりながら、大きく脚を開いて石川のムスコを膣に迎え入れています。

 

「すごく気持ちいいです」とあえぐ彼女に、「良かった、それは」と石川は応じます。彼はゆっくりナナのアソコを堪能するように、腰を動かしていました。

 

 

「もっと強くしてもいいんですよ」と彼女は催促しますが、石川はこれ以上激しくすると直ぐに果ててしまうことが分かっていました。

 

それだけナナの豊かな胸と腰は刺激的で、動くたびに波打つ様に興奮が高まるばかりです。

 

 

彼もナナを気持ちよくしたいと頑張りましたが、ほどなく彼女の中で果ててしまうのでした。

 

石川はナナの方を見ましたが、案の定、彼女は満足していない様子です。

 

そして、念を押すかのように、彼に向かって「私も気持ちよくないたいです」と思わず本音を漏らしました。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

 

それは彼女の久しぶりのおねだりだったので、石川も素直に「どうすればいい?」と彼女に主導権を委ねます

 

彼女が要求したのは普通の挿入で、石川の動きに合わせてクリトリスを弄り始めました。

 

ナナは挿入されながら弄る快感を知ったので、最早その行為に夢中になっていました。

 

石川ももっと彼女を喜ばせようと、「これくらいの速さでいい?」と聞きます。

 

快感の虜となった彼女には、遠慮という二文字が消えていました。

 

「ううん、もっと早く」とさらに速い腰の動きを要求します。

 

石川が要求とおりにすると、ナナは「気持ちいい」とあえぎ声を洩らしました。

 

そして、自分の代わりに指で弄るようにねだります。

 

それから程なくして二人は同時に絶頂を迎え、石川はいい仕事をしたと充実感に浸っていました。

 

それでもナナはまだ足りない顔つきで、彼の方をうっとり見ています。

 

場面は食事のシーンに変わります。ナナは石川をもっと喜ばせたいと、必死になって食事をしています。

 

栄養を沢山吸収すれば、もっと胸が大きくなると思っていたからです。

 

彼女は胸を大きくして、石川のを全部包みたいと考えていたのでした。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

-ネタバレと感想

Copyright© ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして チンジャオ娘 ネタバレあらすじ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.