ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に…4話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:



 

 前回はコチラ 

 

 

「無料試し読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

 

あらすじネタバレ

 

近所に住んでいる小さい頃から知っている春菜のわずかに成長したおっぱいに主人公は自分の大きくなったものを挟むと、気持ちの良い強さでしごき更に勃起したものを硬くさせるのでした。

その気持ちよさに主人公は耐え切れるはずもなく、数回おっぱいでイチモツをしごいてもらっただけで三回目の射精を迎えてしまうのです。

小さい頃から知っている春菜に決してやってはいけないことをしているとわかっていても可愛いい春菜を目の前にすると何度も射精したというのに下半身が落ち着くことはなく、射精をするたびに更なる興奮を主人公は覚えていくのです。

かわいらしい春菜の顔にべったりとぶっかけてしまった白い液体を拭いながら、冷静にならなくてはならないと思いなおし、自分が行なったこととは言え、こんなにも大胆に体を弄んだというのにそれでもまだ深い眠りについている春菜をみるとここまでやれたのだからもしかしたら最後までやれてしまうのではないかとさえ感じてしまうのです。

幼さが残る柄のパンツを 主人公は春菜のことを起こさないように慎重に脱がしていくと、

夢の春菜の湿った割れ目が目に入ると、ますます理性の歯止めは止まらなくなっていきます。

理性が効かなくなるとわかっていても主人公の手は春菜の乳首に行き、乳首を触りながら割れ目を目にして理性なんて保てるはずもないのです。

 

すでに三回目の射精を終えた主人公の股間は更に熱くなり、硬く大きくなったものを春菜のしっとりとした、まだ汚れも知らない割れ目へとねじ込んでいくと、寝ているはずの春菜は思わず喘ぎ声を漏らすのです。

 

寝ていても挿入された快感と乳首を執拗に攻められている春菜はどんどんとその喘ぎ声が荒いものになっていき、

ようやく春菜の中に自分のものを挿入することが出来た主人公は眠っている春菜の喘ぎ声と締め付けによって春菜がそろそろ絶頂に達することを悟ると、

そのまま四回目の射精を処女だった春菜の中で行なってしまうのでした。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料試し読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

 

-ネタバレと感想

Copyright© ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に…完全あらすじネタバレ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.