ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に…6話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:



 

 

 前回はコチラ 

 

 

「無料試し読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

 

あらすじネタバレ

 

主人公の精子が喉の奥まで注ぎ込まれた春菜はようやく目を覚ますのですが、自分の体の異変、主人公が下半身を露にしているというシチュエーションに頭がついていきません。

 

主人公はごまかすことが出来ないと覚悟を決めて、現状を説明しつつ、目を覚ましたからと言って止めるつもりはないと断言し、そのまま春菜のことを犯す宣言をしたのです。

驚く春菜に主人公はぐっしょりとなっているパンツを口にねじ込み、大声をだして面倒なことにならないようにと対策をとるのです。

 

しかし、大声を出されたら厄介だと思ったおにいちゃんは、春菜ちゃんのお口に、春菜ちゃんのパンツをねじ込みます。

パンツをねじ込まれて言葉を発することが出来ない春菜は、声にならない声をあげて抵抗する素振りを見せるのですが、主人公はそんなことはお構いなしに眠っている間に十分弄んだ乳首をまたしてもいじり始めるのです。

それでもほんの少し残されている罪悪感から春菜にこんな風になってしまったことを謝り、ずっと春菜とひとつになりたかったのだと本音を吐露してしまうのです。

もう主人公の歯止めはききません。

すでに処女を奪っているのにも関わらず、主人公は春菜の処女を奪うとばかりにもう一度キツキツの割れ目に勃起したものをねじ込むと、パンツを押し込まれて自由を奪われてしまった春菜はまたしても喘ぎ声をもらしてしまいます。

 

それに気をよくしたように主人公は中だし宣言をすると、先ほどよりも激しいピストンでその締め付けを体感し、宣言どおりに中にたっぷりと精子を注ぎこんだにも関わらず、春菜のさらに奥を体感したく、深く深く執拗に突き続けるのです。

 

そのまままたしても春菜のなかに精子を注ぎ込んだ主人公はまだまだ満足することなんてできません。

 

パンツ越しにもがいていた春菜は激しすぎるピストンに方針状態でいるのですが、抵抗していないことをいいことに、今度は春菜のことをうつ伏せにすると、そこに手かせと足かせを装置させ、そのまま今度は春菜の初アナルも奪ってしまうのでした。

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料試し読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

 

-ネタバレと感想

Copyright© ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に…完全あらすじネタバレ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.