305号室のオンナ 第3話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」を、ネタバレ&考察!

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

 

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~
第3話 あらすじネタバレ&感想

 

―――数日後

 

各種動画であの手この手で楓を抱き続けた中年巨根親父・須郷恭八。

 

ですが、楓はいくらキツめに脅しても 大きなペ○スを押しこんでも言いなりにはならなかったのでした。

 

自慢のペ○スにひれ伏さない女など許せない須郷は苛立ちを募らせるのでした。

 

 

そこで須郷は思いつきます。

 

今までのセ○クス時の楓の言葉を編集し人妻が男を求めているかのような動画を作ることを…。

 

そんな強化した動画で調子づいた須郷はもっと辱めてやろうと三○五号室の隣、三○六号室で○すことに決めたのでした。

 

 

―――パンパンッ パンパンっ

 

 

「ひゃん!あっ あぁああ!」

 

須郷

「どんどん喘いでいいんですよぉ!」

 

「ムリムリムリィイイイイ!」

「いやぁっ!あああっ!子宮押し上げないでぇぇええ!」

 

 

楓を壁に押し付け、バックから突きまくる須郷。

 

 

須郷

「そうそう!可愛い声聞かせてくださいよぉ!」

 

「ここ鉄筋じゃないでしょぉ!?」

 

その壁一枚隔てた三○五号室には旦那の柊希がいたのでした。

 

「こへぇっ!こ 声ぇ!声聞かれちゃうじゃない!」

 

そして須郷はもっと声を出させる様腰の動きを速めます。

 

「んぅう!激しいぃ!激しいってばぁあ!」

 

その音に旦那さんが気付きます。

 

柊希

「え…お隣さんって誰も住んでないんじゃ…」

「も もしかして…不動産の人同士でエッチしてる…?」

 

聞き耳を立てる旦那さん。

 

「あぁあっ!デカイのがぁああ!」

「無理矢理おま○こ広げないでよぉお!」

 

柊希

「す すごい激しいみたいだ…」

 

須郷

「むふふ!よぉしまずは一発目!」

 

「きゃぁあ!」

「あっ あぁ…やだっ外に出して…!」

 

須郷

「焦んないでくださいよぉ…すぐに二回戦を開始してやりますから」

 

そんなやりとりを隣でしていると、その熱気に当てられた旦那さんもズボンを脱ぎ、オナニーを始めます。

 

―――ぐちゅッ

 

「くひぃいいいいいいいいッ!!」

「こわれぢゃうぅう!おま○ごごられぢゃうぅうううううッ!」

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

 

須郷

「うわぁ…女の人の方すっごいエロいぞ」

 

「子宮がおかしくなりゅのいやぁぁああ!」

 

須郷

「それなら大きな声でチ○ポ気持ちいいって言ったら抜いてあげましょう!」

 

「どっ どうせ嘘なんでしょぉお!?」

 

須郷

「さあどうでしょう?」

 

「分かったから言うからぁあ!」

「チ○ポ気持ちいいチ○ポ気持ちいいチ○ポぎもぢいぉいいいいいいいいッ!!」

 

須郷

「それじゃあご褒美に中○ししてやろう!」

 

柊希

「あぁっAVよりエロい…い イクっ」

 

「うぞづぎぃいいいあああああああああああッ!!」

 

 

―――ドクンッ ビュルルッ

 

「にゃかににゃかにでりゅぅうううううううッ!」

 

須郷

「お前の言う事なんて聞くわけねーだろ このメス豚がぁ!」

 

そして旦那さんのオナニーも佳境。

 

―――ドクン

 

柊希

「はぁあ…!で 出たっ!」

 

 

一方で楓への中出しも続きます。

 

「なんでこんな出てくるのぉおお!やだっ やだぁぁあああッ!」

「デカイだけのクセにぃいいい!」

 

 

そして膝から崩れ落ちる楓。

 

「もう…おわりに して…」

 

須郷

「ククク まだ出し足りないが今日は勘弁してやりましょうか」

 

その後 須郷の命令で中○しされたままの膣で楓は隣の自宅へと帰ると、オナニーを終え、また聞きたいなと呟いていた夫はしきりにゴミ箱に消臭スプレーを撒いていたのでした。

 

 

何も知らない夫が少し恨めしい妻。

 

夫以外のペ○スでイキ狂った自分に非を感じる余裕さえ持てない楓なのでした。

 

~つづく~

 

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」第3話の感想

 

堕ちた後にやりそうなシチュエーションを堕ちる前にやってきましたね…!

 

そして旦那さんの能天気さというか…。

 

声で気づかないんでしょうか?(笑)

 

嬌声だけ聞こえて、細かい声質まで届かないくらいの壁なんでしょうかね。

 

しかし、楓さんは身体は堕ちてるみたいですが、心が堕ちませんね…!

 

ここから最終話にかけて徐々に落としていくのか、それとも途中で堕ちて快楽漬けになるのか?

 

 

次回は特殊プレイではなく、単純にイキまくるようですが…?

 

ちょっと予告絵が私の好みの絵なので次回が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

-ネタバレと感想

Copyright© 305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~ネタバレ全話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.